« グラフェンはすごい! | トップページ | PE-2 ナノ粒子インク »

2010年12月 7日 (火)

PE-1 プリンテッド・エレクトロニクス

ここ数年で話題にのぼることが多くなった言葉だ。

太陽電池、有機LED、電子ペーパー、バッテリーそしてテレビ画面なんかをフレキシブルなフィルムに印刷で作る技術を、プリンテッド・エレクトロニクスという。

先週、シリコンバレーで "Printed Electronics USA 2010" という国際会議があったので、それに参加してきた。主催者の発表で参加者が1300人、発表件数は約60件と国際会議というにはこじんまりとしたものだった。しかし、その中身は半数近くが米国以外、とくにヨーロッパからの参加だった。日本からの発表はなかったように思うが、会場にNHKの取材班がTVカメラを持ち込んで取材をしていた。何の取材か尋ねたところ、ナノテクの特集番組を制作しているとのことだった(放映日は教えてもらえなかった)。

プリンテッド・エレクトロニクスは材料(特に導電性インク)の開発が進み、プロセスの開発と相まってデバイス開発の段階に入っている。主役を演じているのはアメリカとヨーロッパのベンチャー企業で、ナノ粒子、インク、印刷プロセス、デバイス設計などそれぞれの強みをもったベンチャー企業が関連しあってひとつの流れを作っているように見える。

これから何回かに分けて、このプリンテッド・エレクトロニクスの材料開発の現状やアプリケーションについて紹介していく。

Pedemo1

Printed Electronics USA 2010 併設の展示会でのデモ

« グラフェンはすごい! | トップページ | PE-2 ナノ粒子インク »

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PE-1 プリンテッド・エレクトロニクス:

« グラフェンはすごい! | トップページ | PE-2 ナノ粒子インク »