« PE-3 カーボンインク | トップページ | CESで中国パワーが炸裂! »

2011年1月 5日 (水)

PE-4 シリコンインク

シリコンインクは、太陽電池や印刷でつくるトランジスタへの期待が高い。

太陽電池用途では、InnovolightやNanoGramといった会社が頑張っている。
トランジスタへの応用の面では、Kovioとが先頭を走っているのだろう。

金属ナノ粒子やカーボンナノチューブなどのインクは配線やアンテナを狙っているが、シリコンインクは(太陽電池を除けば)トランジスタを印刷で作るという1点に目標を置いているように見える。

最初の目標は、小規模なメモリと簡単なCMOS(100~200トランジスタ程度)を作ること。アプリケーションは、RFIDをオール印刷で作る、である。現在は、いくつかの会社でメモリとトランジスタの試作が別々に行われているようで、近い将来印刷で作ったロジック回路とメモリを統合して、一つのシステムが出来上がるのは間違いない。

電極用のナノ粒子インクや導電シートなどと組み合わせて、ロール to ロールでオール印刷の機能デバイスが市場に出る日もそう遠くないのかもしれない。

« PE-3 カーボンインク | トップページ | CESで中国パワーが炸裂! »

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PE-4 シリコンインク:

« PE-3 カーボンインク | トップページ | CESで中国パワーが炸裂! »