« ななめから見た今年のSID(1) | トップページ | ななめから見た今年のSID(3) »

2013年6月 2日 (日)

ななめから見た今年のSID(2)

SID 2013 の展示会にあった、ちょっとマイナーだけど気になるデバイスの2回目。

 

 

LG

55インチのOLED TVCESと同じモノを展示。新たに5インチのフレキシブルOLEDを展示していた。ここで注目するのは、透明ディスプレイ。去年と今年のCESでも似たようなモノを展示していたが、今回の展示は冷蔵庫のドアにタッチパネル付き透明LCDを使って、ソフトもなかなか良かった。偏光板を2枚使っているので、透過率は15%程度とやや低いが、庫内の照明を明るくすることで見栄えは問題ない。透明でありながら“黒”表示がちゃんとできているのがスゴイと思う。家庭の冷蔵庫にはちょっと不向きだが、コンビニの冷蔵庫なんかにはいいと思う。実用化が楽しみ。

 

Lg1

 

 

 

MpicoSys

 

ポーランドの会社で、NFCe-Paperを組み合わせたカードを展示。NFCというのは、近距離無線通信の国際規格で、日本のSuicaPasmoが使っているFeliCaを包含して発展させたもの。つまり、Suicae-Inkの表示がついたものを想像してもらうとよい。技術的には新規性はないが、ありそうでなかった組合せだ。まあ、コストの問題とかあるんだろうけど、可能性としてはありかも・・・

 

Mpicosys1



     欧米での新技術調査、オープンイノベーションのご相談は TechnoScape, LLC まで。

 

 

 

 

 

 

 

« ななめから見た今年のSID(1) | トップページ | ななめから見た今年のSID(3) »

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ななめから見た今年のSID(2):

« ななめから見た今年のSID(1) | トップページ | ななめから見た今年のSID(3) »