« 医療保険の話 | トップページ | ポケモンGOはARのキラーアプリになるか »

2016年1月 9日 (土)

CES2016 5つのポイント

700lasvegas1

今年もラスベガスで開催されたCESに行ってきた。ここでは全体のトレンドで目についたものを取り上げてみる。


テレビに新規性はない

 

3Dのブームが去って、4Kが創成期から普及の段階に向かう中で、テレビ本体での革新性のある新技術はなく、今年は目玉のない年になった。それでも、SamsungLGのブースでは展示の中心はテレビで、両社とも今年はHDRや画質や使い勝手などを強調した展示をしていた。一方で、中国メーカーのテレビの画質がきれいになってきている。

Lgoled1b

LGの大型曲面&両面テレビ

 

 

 

スマホの勢力図が変わった

 

韓国の2社は、スマホの展示を極端に減らしていて、スマホでの利益確保ができなくなったことが鮮明になった。Samsungの社長もKeynoteでスマホからの脱却を宣言している。一方で、HUAWEIなどの中国メーカーがスマホを多数展示しており、ビジネスの主導権が韓国企業から中国企業に移りつつある(利益の出る部分は、すでに中国側に移っていると思われる)。

Huawei4b_2
HUAWEIのブース

 

 

 

自動運転は地道な開発の段階

 

去年は自動運転で夢の未来がすぐそこに来ているかのような、華々しい論調が目立ったが、今年はEVやドライブアシストなどの現実味のある展示が多かった。各社が堅実に地道な開発努力をしていると推測される。

 

Mercedes1b
メルセデスのコンセプトカー

 

 

 

ウエアラブル-実用性に課題

 

去年爆発的に展示されたウエアラブル、今年は総合家電メーカーでの展示は限定的で、専門メーカーや新興のベンチャー企業が多く出展していた。しかし、去年と同じくアクティビティ・トラッカーの域をでておらず、実用性に課題を残している。ヘルスケア分野では、ウエアラブルと据え置き型機器を混在させたバイタル測定のプラットホームが提案されており、今後の普及が見込めそうな分野なのだろうか。

Bewell1b
BeWell社のプラットホーム

 

 

 

スタートアップに注目

 

大手が苦戦している中で、ベンチャー企業の何社かがキラリと光る新技術を出している。例えばQuanergy SystemSolid State LiDAROssia“cota” Wireless Powerなどは素晴らしいと思う。他にもENEVATESiアノードLiイオン電池のように、長年の懸案を解決したベンチャー企業もある。

 

3startups1b
左から、QuanergyOssiaENEVATE

 

 

 

それ以外では、ドローンに代表されるUAVは去年同様に勢いがある。ウエアラブルの中でもAR/VRはアプリケーションの広がりを見せており、HMDを使った様々な用途が多くのベンチャー企業から紹介されている。スマートホームは地道な努力を続けている感じで、去年と同じような展示だった。3Dプリンタもメーカーの数が増えているが、コンスーマー向けでは使える材料がプラスチックに限られている。

 

 

今年は、出展者数、展示面積、来場者数どれもおそらく過去最高を記録するだろう。とにかく広いし、数が多い。10年続けて参加しているが、疲れ具合も過去最高だった。

 

 

 

 

 

    欧米での新技術調査、オープンイノベーションのご相談は TechnoScape, LLC まで。

 

 

 

 

 

« 医療保険の話 | トップページ | ポケモンGOはARのキラーアプリになるか »

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CES2016 5つのポイント:

» ロボットカー Robot car [発明屋]
人の振り見て我が振り直せ! (株)発明屋の「ロボットカー」 ★特許を受ける権利・優先権をお譲りします。★ 【出願番号】特願2015-196298(クレーム数60) 【出願日】平成27年(2015)10月1日 【発明の名称】道路交通システム  (特許請求の範囲には、道路交通システム、非ロボットカー、ロボットカー、コンピューティングシステム、コンピュータプログラム についての請求項が記載されています。) 【課題】  他車両の経験を利用して自車両の自動運転性能を向上させ得るロボットカーを提... [続きを読む]

« 医療保険の話 | トップページ | ポケモンGOはARのキラーアプリになるか »