« CES2018 3つのポイント | トップページ | 見えてきた、2030年の技術社会(7) »

2018年5月24日 (木)

太陽光発電が義務付け

A600sancremente_pier4


今月カリフォルニア州で、新築住宅に太陽光発電の設置を義務付ける法案が可決した。2020年以降の新築住宅に適用される。州全体で義務付けるのは初めてだという。

 

これでソーラーパネルの市場が拡大する、と喜んでばかりはいられない。ソーラーパネルを作っているのはほとんどが中国のメーカーだ。あとは日本とアメリカに1社づつある程度なので、利益のほとんどは中国が持っていくことになる。

 

法律でどこまで規定されているか、詳細は把握していないが、ソーラーパネルだけの設置ということはないだろう。家庭用のリチウム二次電池とHEMSをセットで導入しなければ、余った電力を昼間はグリッドに垂れ流すことになり、それは許されない。つまり、ソーラーパネルだけでなく電池とインバーターも売れることが期待できる。ここはまだ日米欧が強いところだ。

180510newyorkpostb_2

法案を通す段階で甘い見積りをしているようなので、不安要素もある。例えば、平均的な設置費用を約100万円、設備の寿命を30年で見積もっている。現実との乖離が懸念されるが、これを技術革新で埋めていくということなのだろうか。

 

アメリカでは郊外に新しく建売住宅を作るときは、数百戸単位のコミュニティの形にすることが多い。管理事務所を置いて、敷地内の公園や道路、設備、場合によっては家の共有部分の管理をする。2020年以降に建設されるコミュニティには、ソーラーパネルとリチウム二次電池がもれなくついてくる。つまり、Virtual Power Plant のハードウエアがすでに用意されていることになる。

 

カリフォルニア州はVPPを実現する道のりとして、今回のソーラーパネル義務付けを決めたのかもしれない。

 

記事の原文はこちら。

https://nypost.com/2018/05/10/california-to-require-solar-panels-on-all-new-homes-by-2020/

 

 

    欧米での新技術調査、オープンイノベーションのご相談は TechnoScape, LLC まで。

 

 

 

 

 

 

 

« CES2018 3つのポイント | トップページ | 見えてきた、2030年の技術社会(7) »

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電が義務付け:

« CES2018 3つのポイント | トップページ | 見えてきた、2030年の技術社会(7) »