« カーナビがなくなる日 | トップページ | TVの価格崩壊始まる »

2018年9月 2日 (日)

テスラのモデル

700sandiego4

Tesla Model 3 に試乗した

発売から1年経つTesla Model3 だが、予約に対する納入が大幅に遅れて、赤字が膨らんでいるらしい。それでも人気は衰えず、政府の補助金も後押しして、予約の列は減っていない。

そんな中で、Tesla の販売店で、試乗ができるようになった。逆に言えば、これまでは、試乗もせずにTeslaを買っていたのだから、そっちが驚きだ。

サンディエゴに住む知り合いが、予約をいれてくれて、早速Tesla Model3 の試乗をすることができた。

試乗したのは、パワー全開で0-60mph (時速 0-100Km)が3.5秒の加速性能をもつモデル。デュアルモーターで加速優先のプログラム設定だ。音もなくあっという間に時速100Kmに達する。感じるのはシートに押し付けられる加速度だけだ。普段乗っているのは、6気筒エンジン で結構馬力のあるセダンなので、アメリカのフリーウエイでも、加速性能に不満を感じたことはないのだが、Tesla のデュアルモーターは、全く比べものにならない加速だ。クセになりそうで、ちょっと怖い。

加速性能だけでなく、同一車線での自動運転、ウインカーを出すだけで車が自分で安全確認をして車線を変更する機能、回生ブレーキ、自動駐車(車庫入れ)、スマホでの遠隔操作など、Teslaの機能については、ネットに情報が溢れているが、それが全て詰まっている。

Tesla_store2

Teslaのビジネスモデルは、まるでスマホ

Tesla Model3を買うと、ソフトウエアは初期のバージョンだが、1年後くらいには新しいバージョンに無料でアップデートされるらしい。また、今は自動運転の機能は限定的だが、将来(法規的に許可されれば)ソフトウエアのスイッチを入れるだけで、自動運転が使えるようになる。自動運転に必要なハードウェアはすでに搭載されているので、Teslaが遠隔操作でスイッチを入れるだけでよい。ちなみに、今Model3を買う人は、プラス$3,000で将来の自動運転アプリへのアップグレードができる。

Tesla_store

今回の試乗で一番驚いたのは、販売店の場所だ。Teslaの販売店は、なんとショッピングモールの中にある。アップルストアと同じ通りにTeslaがある。

Teslaは車自体がスマホのようなもので、ソフトやアプリをネットでダウンロードして使う。売りかたも車というよりスマホやパソコンに近い。買った後でOSをアップデートしたり、アプリを入れたりして、機能を付加しながら使う。例えば、自動運転アプリを入れたら、AIが学習するために100Km程度の実走行をした後で、同一車線自動運転の機能を使える。

Teslaback2


Teslaは、修理のためのショップをカリフォルニアをはじめ、全米の各都市に持っているが、それに加えて Tesla Mobile Service という移動車でのサービス体制をとっている。多くの故障はソフトウエアの操作で修理できるということか。

既存のカーメーカーとは全く違うビジネスモデルで、全く違う売り方をしているTeslaが、市場に受け入れられつつある。

既存のカーメーカーもEVの開発に力を入れているが、販売やサービスをここまで大胆に変更することはできないだろう。

今後、このせめぎ合いがどう展開するか目が離せない。

 

 

 

欧米での新技術調査、オープンイノベーションのご相談は TechnoScape, LLC まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« カーナビがなくなる日 | トップページ | TVの価格崩壊始まる »

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テスラのモデル:

« カーナビがなくなる日 | トップページ | TVの価格崩壊始まる »