« シリーズ: シリコンバレーの真実 (第6回) 現在のシリコンバレー | トップページ | e-ブックのご紹介 »

2020年1月12日 (日)

CES 2020 概要

Ces2020b

 

今年もラスベガスでCESが開催された。15年間この展示会に通っている管理人が、独自の視点で今年のCESを解説する。

 

全体の印象

 

これまで家電の王様だったテレビがその地位を失い、AIと5Gが家電をけん引する時代になった。テレビは中国メーカーが主要なサプライヤーになっている。家電の分野では中国企業のプレゼンスがますます強くなり、韓国や日本メーカーは存在感が薄れている。

 

ウエアラブルやデジタルヘルスでは、大きな進展はないものの、細かいところで新技術が出てきているので、今後への期待感は継続している。

 

自動車関連は、カーメーカーの展示がEVと自動運転に絞られてきたので、見るほうは分かりやすくなってきた。陸上の乗り物だけでなく飛行する乗り物も出てきている。

 

今年は来場者のなかに中国人が非常に多いと感じた。しかも、若い人が目立つ。韓国人も多い。日本人もリーマンショック以来最多だと思う。給料は上げないけど、経費は使っていいという傾向が続いているようだ。

1316b

 

分野ごとの特徴を以下にまとめる。

 

総合家電の分野では、今年は過去10年で最も進歩が見られなかった。技術革新のコアがAIと5Gになったことで、製品の表面では変化が見えにくくなっている。これまで世界の家電メーカーを牽引してきたSamsungとLGが目新しい技術を出せずに、去年の焼き直しのような展示だった。全体的に人混みが少なく、以前に比べて少し活気がない。

 

テレビの展示は中国メーカーに移って、韓国メーカーも日本メーカーも、普通のテレビの展示はほとんどない。

2tcl1b

 

自動車関連では、出展しているカーメーカーの数は少し減っているが、展示内容がEVと自動運転に集約されてきたので見るほうもわかりやすい。North Hallの今年の目玉は電動飛行Uber を展示したBellとHyundaiだ。自動運転は、陸上の乗り物だけでなく、飛行する乗り物へと拡大している。

3hyundai5b

 

ウエアラブル、睡眠、デジタルヘルスといった分野では、衝撃的と言えるような新技術はなかったが、細かいところで注目すべき進歩が見られた。カフレスの血圧モニタや非侵襲の血糖値モニタなど、長年にわたり待ち望んできたデバイスが出てきた。

4valencelaernos0b

 

今年も、Eureka Park というスタートアップのコーナーが一番活気がある。最新の光学イメージング手法からジャガイモに刺すBluetoothと意味不明なものまで、見ていて飽きることがない。また、今年は数は少ないが、日本のスタートアップも20-30社が出展していて、頼もしい気持ちになった。

5brightwaysmart-potato0b

 

AR/VRやロボット、ドローンの分野では、今年は脳波を測定するデバイスが増えていた。その中で、Harvard 大学からのスピンアウトがデモしていた、上腕の筋肉の動きを計測して、義手の指を本人の意思通りに動かす技術は要注目だ。

6brainco11b

 

 

CES2020の詳細のレポートはこちら

CES 2020 展示会レポートのご案内

分野ごとの今年の傾向、独自の視点で全体のトレンドを総括、約120社の展示内容と900枚の写真データをパッケージにしてお届けします。

https://www.technoscape.us/CES2020%20Report-1.html

 

 

 

 

 

 

« シリーズ: シリコンバレーの真実 (第6回) 現在のシリコンバレー | トップページ | e-ブックのご紹介 »

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事