« CES 2020 概要 | トップページ | EVの時代が来る »

2020年1月17日 (金)

e-ブックのご紹介

700americangrave1

 

これまでのブログ記事にケーススタディを加えたものが e-ブックになりました。e-ブックサービスの“スキルアカデミー”から出版されます。

 

Logo

 

タイトルは、「日本企業のための シリコンバレー流イノベーション」

このe-ブックは4部構成で、部ごとの購読ができます。興味のある方は、下のリンクからスキルアカデミーのサイトにいき、e-mailを登録したうえで購読してください。

 

B

 

日本でオープンイノベーションが話題になるようになってしばらくたつが、なかなか成功したという話をきかない。日本のオープンイノベーションは的外れだ、日本企業のオープンイノベーションは中身がない、などという言葉もネットにあふれている。オープンイノベーションはこのままバズワードになってしまうのだろうか。

 

本書は15年間アメリカに住んで先端技術の調査をしてきた著者が、スタートアップや大学の研究室との交流をもとに、米国でのイノベーションの実態を解説する。そして、独自の視点でオープンイノベーションを分析し、日本企業ができるイノベーションのアプローチを提唱する。

 

第1部 シリコンバレーの真実

第1章 シリコンバレーの秘密

第2章 シリコンバレーのイノベーション

 

第2部 オープンイノベーションのウソとホント

第1章 間違いだらけのオープンイノベーション

第2章 オープンイノベーションはだれのもの

 

第3部 オープンイノベーションの成功事例

第1章 スタートアップのオープンイノベーション(ケーススタディ)

第2章 オープンイノベーションの入り口は米国の大学にある

第3章 オープンイノベーションのプラットフォーム

 

第4部 2030年の技術社会 (2月公開予定)

第1章 自動車業界のパラダイムシフト

第2章 地域社会のエネルギーインフラ

第3章 情報コンテンツの消費形態

第4章 DNAが設計図になる

 

 

 

    欧米での新技術調査、オープンイノベーションのご相談は TechnoScape, LLC まで。

 

 

« CES 2020 概要 | トップページ | EVの時代が来る »

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事