« アメリカで見つけた、おもしろ新技術(3); ドローンタクシー | トップページ

2020年12月14日 (月)

アメリカで見つけた、おもしろ新技術(4); ヤモリの吸盤

700akira3

 

第4回はGeckSkin。Geckoはヤモリのこと。これはヤモリの吸盤を人工的につくるという話だ。

University of Massachusetts – Amherst が開発した “Geckskin” は、ヤモリの足の裏の微細構造を再現したもの。なめらかな表面への吸着・剥離を繰り返すことができる。開発当初は700ポンド(300Kg超)の重量を支えるフィルムだった。

2013年に、GeckSkinを製品化するためのFelsuma LLCという会社を設立した。

 

1gecko-adhesive-systemb

現在製品化されているのは、目張り用のテープGeckskin Gripseal Foam Sealant Tapeや繰り返し貼れるGriphook、何度も書いて貼れる GriptileC、何度も貼れる両面テープのGriptile TS他アイデア商品的なものがある。

この技術は、もともとDARPA(アメリカ国防高等研究計画局)の資金で開発していた。現在は、米軍の資金でZ-Man projectという垂直な壁を上ることができる手袋を開発中。トムクルーズでなくてもガラス張りのビルを登れる日が来るかもしれない。

https://youtu.be/okNPuGNuARs

2darpa_zman-project

 

 

 

    コロナで海外出張できない日本の皆様、米国カリフォルニアでのリモート出張承ります!

    欧米での新技術調査、オープンイノベーションのご相談は TechnoScape, LLC まで。

 

 

 

« アメリカで見つけた、おもしろ新技術(3); ドローンタクシー | トップページ

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事