« ソロプレナー養成プログラム | トップページ | アメリカで見つけた、おもしろ新技術(7); 4D印刷 »

2021年5月25日 (火)

アメリカで見つけた面白新技術(6); 蓮の葉

700cadillac1_20210525055501

第6回は蓮の葉の超撥水表面の話。バイオミメティクス(biomimetics)では定番のひとつ。みなさんも蓮の葉の表面を水滴がころがるところをみたことがあるだろう。これをLotus Effect(蓮の葉効果)というらしい。表面にある微細構造で表面張力が大きくなり、超撥水の性質をもつ。

1hasunoha01_02 2lotusleafsurfacetexturing_umn_001
                                   Image: University of Minnesota

このシリーズの第1回で紹介したSlippery Surfaces も、実はこの原理を応用したもの。食品パッケージや一部の撥水表面など私たちの身の周りでもすでに実用化されているものがある。

 

世界中で研究をしている大学も多く、ざっと上げても以下のような研究機関が見つけられる。

3



 

    コロナで海外出張できない日本の皆様、米国カリフォルニアでのリモート出張承ります!

    欧米での新技術調査、オープンイノベーションのご相談は TechnoScape, LLC まで。

 

 

« ソロプレナー養成プログラム | トップページ | アメリカで見つけた、おもしろ新技術(7); 4D印刷 »

テクノロジー・サイエンス」カテゴリの記事